高周波熱処理・真空熱処理・表面改質・切削加工・研磨・歪矯正の三洋電子株式会社。

愛知県小牧市。焼入れ・熱処理加工に関わる様々なお困りごとを、「三洋電子株式会社」が解決いたします。焼入れ・熱処理で起こりがちな、歪み・変寸・溶損・割れ・摩耗・曲げ・変形などやお客様の悩みの「コストダウン」「小ロット対応」「スピード対応」「設計段階からのVE」「歪矯正」など様々なお困りごとにお答えします。

三洋電子株式会社

採用情報

馬田秀文
協栄産業株式会社小牧工場
とりねつは、鳥取県で三洋電子殿と同様の熱処理を行う企業です。
 2007年に、とある講習会で、青木会長とご縁をいただき、以降お付き合いをさせていただいております。同業者でありながらも、親しくお付き合いができる関係ができ、続いていることを深く感謝しております。
 とりねつでは処理ができない大物の高周波焼入れをお願いすることも多く、難しい形状、歪を心配するような場合でも、高周波プロフェショナルな社員の皆さんが、確実にしかも短納期で処理をして頂けております。
 今後、熱処理業界でともに勝ち残っていく上で、色々と相談しながら共存共栄できれば嬉しく思います。今後もお互いに良きパートナーとして情報交換をしながら、更に高付加価値の仕事ができる企業を目指していきたいと願っております。 今後ともご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。
郷司智広
協栄産業株式会社小牧工場
三洋電子株式会社様とは5年ほどのお付き合いですが主にプレス金型部品の真空熱処理でお世話になっています。ダイス鋼、ハイス鋼の熱処理が主ですが、金型寿命を向上させるために、材料の特性や、使用環境に応じた適正な硬度について親身に相談に乗っていただきました。
 また、提案もしていただき、熱処理の分野からの専門知識の援助を惜しみなくしていただき助かっています。
 最近のプレス金型には、精密せん断加工や、冷間鍛造加工、塑性加工などについての難加工要求が増加する一方で、三洋電子株式会社様のノウハウは欠くことが出来ないくらい信頼をしています。
 品質について歪矯正では、長尺薄板が0〜0.1mm以下と厳しい要求の中でもやっていただける実力値。
 また、範囲の狭い難しい硬度指定でも、確実に要求を満たしていただいてます。
 弊社で実績のないSCM材の金型作成時に、材料メーカーからS50Cの異材が入っていましたが異材と判定していただき助けて頂いたことをとても感謝しています。
 今後も弊社金型技術の向上を三洋電子様と共に確実に進んでいけるパートナーの今の関係を強めていきたいと思っています。
大谷卓矢
大洋弁栓株式会社
弊社は1963年創業のスチームトラップ(蒸気設備用自動バルブ)の専門メーカーです。
重要部品に必要となる、全ての高周波・真空熱処理を30年以上に亘り、三洋電子様に依頼し続けております。
 その理由は、

1.他社では形状的に高周波熱処理が困難と言われる部品も高い技術力で常に安定した品質を確保して頂いていること。

2.加工品の引取・納品を自社トラック便にお任せできること。納期・コスト両面で大変貢献頂いております。

3.特急納期の場合にも専任のご担当者に相談可能で、100%対応して頂けること。

4.「理念経営」を実践なさっていることで判断基準が明確で、会社全体が明るく、社員の皆様が活力に満ちていらっしゃること。

 以上の理由から、三洋電子様は、弊社にとって未来を切り拓いていくのに必要な、「大切なパートナー」企業です。
富窪俊一
富窪精機
三洋電子さんとは弊社創業以来30年以上のお付き合いをさせて頂いております。
 主に高周波焼入れをお願いしておりますが、今まで一度もトラブルになったことがありません。あたり前のことかもしれませんが、品質管理を徹底されているからこそだと思います。
いつも安心してお願いしています。
 また、明るく行動的な青木会長からは、お会いするたびにパワーを頂いております。
 ぜひ今後も日本のものづくりを盛り上げていきましょう!